ユメサーチ ~Yume Search~

気になるニュースやお役立ち情報をご紹介します♪

その他

【北海道函館】旅行やデート、お花見に!魅力溢れる函館スポット3選

投稿日:2020年3月1日 更新日:

スポンサーリンク

こんにちは!ゆめユメ子です。
今日もお越しいただきありがとうございます。

「北海道に行きたいけど、どこ観光しよう」「北海道で美味しいものが食べたい!」「北海道で花見もしたい!」などと思っているあなたにぜひ!今回は北海道道南エリアに位置する函館の観光スポットをご紹介します!!

北海道の道南とはどんなところ?

道南は北海道の南西に位置する渡島半島をエリアとしており、本州と北海道をつなぐ位置にあります。海の玄関口としてだけでなく、青函トンネルにより陸の玄関口ともされています。歴史的な観光名所も多い函館を中心に、海や山などの自然スポットやグルメも数多い観光名所とされています。

スポンサーリンク

函館オススメスポット3選

1 函館五稜郭

函館には、13代将軍徳川家定の命により建てられ1864年に完成し、国内初の西洋式城郭とも言われる「五稜郭」があります。幕末には、戊辰戦争最後の戦いとなった箱館戦争において、新撰組鬼の副長として名を誇る土方歳三の隊が占領し、最期の戦場となったことでも知られています。現在では、綺麗な自然景観や、五稜郭タワーから見る五稜郭の美しい星形が人々を魅了し、観光客だけでなく地元からも愛されメディアでもよく取り上げられる人気のスポットとなっています。特にオススメしたいのが4月下旬に満開を迎える桜です!五稜郭全体が桜に囲まれ、一日中見ていたいと思うほど素敵な風景となります。四季折々の表情を見せる五稜郭、観光やデートにぴったりですよ!

2 函館山

函館の定番ともいえる場所はここ、標高334mの函館山です。日本三大夜景の一つとしても知られており、特に空気が澄んでいる冬の景色は、息をのむほど素晴らしい夜景が目の前に広がります。日中であっても晴れた日には函館市や津軽海峡など、周囲一帯の風景を楽しむことが出来ます。山頂に展望台があり、山麓からはロープウェイを使い、一気に上がることができます。山頂駅にはお土産屋やレストランもあり、おなかも心も満たすことが出来るでしょう。函館に来たからには、目に焼き付けておきたい景色ですね!

3 函館朝市

函館の朝と言えば、そう、朝市です!函館駅近くにある朝市では、約250店舗の直売所やお店が並び、海の玄関口とも言われる函館ならではの絶品海鮮が味わえます。どれもこれもすべて美味しそうで、何を食べようか迷ってしまうところですが、やはり北海道ということで、お好きな新鮮魚介を選ぶことの出来る三色丼をオススメします。わたしは贅沢に、ホタテイクラウニをのせましたが、もう言葉も出ないほどのの絶品!新鮮!ホタテもやわらかく、イクラも一粒一粒が大きく口の中ではじけて、ウニは言うまでもなく美味です。ただし、特に休日はどこのお店も並ぶこと必須だと思うので、なるべく早めに向かうことをおすすめします。函館の朝は、(ホテルの朝食も美味しいですが)おなかをぺこぺこにしてぜひ朝市に向かってください!

まとめ

いかがでしたでしょか?今回は、北海道の玄関口である道南エリア中心都市函館のオススメスポットをご紹介しました!函館には、観光名所やグルメスポットがたくさんあります。今回ご紹介したのもごく一部にすぎませんが、数あるスポットの中でもぜひオススメしたいところを挙げてみました。四季折々、いろんな季節を楽しめる函館をぜひご堪能ください!

魚に脂がのった冬もいいけど、お花見の時期もいいし、新緑の時期や、紅葉もいいな~!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-その他

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

no image

【チェコ】おしゃれ旅♪美しき中欧プラハの魅力と見どころはここ!

こんにちは!ゆめユメ子です。 今日もお越しいただきありがとうございます。 「ヨーロッパに今度行きたいけどどこ観光しよう?」「中欧で美味しいものが食べたい!」と思っているあなたにぜひ!今回は中欧チェコのプラハをご紹介します!! 目次1 プラハはどんなところ?2 プラハのオススメ観光スポットベスト32.1 1 カレル橋2.2 2 聖ヴィート大聖堂2.3 3 旧市街広場3 プラハのオススメグルメ3.1 1 チーズフライ3.2 2 グラーシュ3.3 3 地ビール4 まとめ プラハはどんなところ? プラハはチェコ共和国の首都であり、人口約120万人ほどの都市です。中世の街並みを残すプラハには、古い建物も多く現存しており、例年多くの観光客が訪れています。プラハの気候は日本と同じように四季がはっきりしていますが、夏は湿度が低く乾燥しているため、日本のじめっとした夏とは異なり、過ごしやすいのが特徴です。また冬は氷点下になることもありますが、比較的観光のしやすい土地柄といえます。 プラハのオススメ観光スポットベスト3 1 カレル橋 カレル橋は、プラハのヴルタヴァ川に架かるとても美しい橋で、全長515.7m、幅9.5mの大きな橋です。橋の両脇には、17世紀~18世紀に設置された聖人像が15体ずつ計30体並んでおり、聖イヴや聖フランシスコ・ザビエルなど、歴史的な聖人や英雄がモデルとなっています。(わたしが名を知っているのはこの2体くらいでしたが、他にも有名な聖人像があります。)また旧市街地区、マラーストラナ地区と橋の東西に建つ橋塔は、13世紀から14世紀頃に建てられ、特に旧市街地側の橋塔はゴシック建築の最高傑作とも言われています。橋から撮影する街並みや風景はまた一段と美しいものと言えるでしょう。   2 聖ヴィート大聖堂 聖ヴィート大聖堂は、世界最大で世界最古のお城と言われるプラハ城の内部にある大聖堂で、ゴシック建築の代表例でもあります。現在の様式の大聖堂は1344年に建てられ、約600年の時を経て1929年に完成しました。天井までの高さは34m、幅60m、奥行き124mのとても広い空間となっています。また、内部に入ると建築及びステンドグラスの美しさに圧倒されます。中でも最も有名なのが日本でも有名な画家ミュシャ(Mucha)が描いたステンドグラスで、中に入って左手3枚目にあります。深い青を中心に彩られたステンドグラスは、華やかながらもどこか寂しさを思わせるような、誰が見ても息をのんでしまう美しさでした。(ただ、一番の撮影スポットでもあり、かつ規制がはられ斜めからしか見れないのが非常に残念…) 3 旧市街広場 旧市街広場は、プラハ旧市街にある歴史的に由緒ある広場で、大道芸人なども集まり、常に観光客でにぎわっています。また、周囲にはゴシック様式のティーン教会や、バロック様式の聖ミクラーシュ教会、旧市庁舎、天文時計塔など歴史的な建造物が建ち並んでいます。カフェやレストラン、さらにプラハで有名なボヘミアガラスの取扱店なども数多く、プラハの素敵なところがぎゅっとつまった観光地です。 プラハのオススメグルメ 1 チーズフライ チェコと言えば、チーズフライ!サクッとしたフライにナイフを入れると、中からはとろーりチーズが顔を出します。タルタルソースを絡め、はふはふしながら口に入れるとやっぱり正解、美味しい!笑 付け合わせはじゃがいものフライが一般的。お酒が進む一品です。 2 グラーシュ ヨーロッパでは一般的な家庭料理であるグラーシュ、もともとはハンガリーが起源のようですが、ここチェコでも召し上がることが出来ます。ハンガリーのグラーシュとは異なり、チェコのグラーシュはビーフシチューのように濃く、とろみがあるのが特徴です。クネドリーキというもちっとした白い茹でパンと一緒に食べることが多いようです。こちらも品のある味でとっても美味です! 3 地ビール チェコと言えばやっぱりビール!1人当たりの年間の消費量は世界一と言われるほどです。普通サイズと言えば丸みを帯びたグラスに500ml入って出てきますが、お値段も35kⅽで1kc=5円としても非常にお安い!また、日本人にもよく合うビールが多いかと思います。(わたしは日本のビールより好きでした。)プラハに行った際はぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。 まとめ いかがでしたでしょうか。中欧における観光地として、プラハはぜひオススメしたいスポットの一つです。街並みが本当に美しく、どこを撮影しても写真映えする場所が盛りだくさんであり、かつ料理も日本人好みのものが比較的多いように思います。また、プラハのお店に入る際はぜひ「ドブリーデン!」と一言お声がけください。チェコは挨拶をとても大事にするお国柄、「ドブリーデン^^」と笑顔で返してくれますよ!ぜひ、素敵な都市、プラハへ訪れてみてはいかがでしょうか? ドブリーデン♩ 以上、わたくしユメ子がオススメしたい海外スポット、プラハのご紹介でした! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。     こちらの記事もどうぞ♪ No related posts.

no image

【ノースサファリサッポロ】札幌旅行にオススメ!体験型動物園の魅力

こんにちは!ゆめユメ子です。 今日もお越しいただきありがとうございます。 「北海道に行きたいけど、観光スポットがありすぎて迷っちゃうよ~」とか「いつもとは違う北海道を楽しんでみたい!」なんて思っているあなたにぜひ!今日はかなりオススメ、札幌にある「ノースサファリサッポロ」をご紹介します!   目次1 ノースサファリサッポロとは?2 ノースサファリサッポロのここがおすすめ!2.1 あの猛獣にエサやりができる!2.2 大蛇のマフラー巻はいかが?2.3 可愛い赤ちゃんに癒されよう!2.4 キリンの顔を間近で見てみよう!3 まとめ ノースサファリサッポロとは? ノースサファリサッポロとは、北海道札幌市にある体験型動物園のことです。北海道には、旭山動物園や円山動物園など、多くの動物園が存在する中で、ここ「ノースサファリサッポロ」は、大人も子供も楽しめるテーマパークであり、普通の動物園とは一味違った体験ができると知る人ぞ知る動物園であり、人気上昇中です。ちょっとデンジャラスな動物園であるノースサファリサッポロを今回はご紹介します! ノースサファリサッポロのここがおすすめ! あの猛獣にエサやりができる! まず、こちらでは様々な動物にエサやりができます。その中でもオススメしたいのが、「ライオンダイレクトフィーディング」。そうです、あの百獣の王とも言われる世界で最も強いライオンにえさやりが出来るのです!檻の外からのエサやりになりますが、近くでライオンを見る迫力は他では味わえない体験でしょう。(料金は500円、+200円で肉球タッチも可能です)また、ライオンの他に、「ベンガルトラデンジャラスフィーディング」もあります。こちらは、なんと檻の中で直接エサやりができます。(安心してください、鎖につながれてますよ。)非常に強くて大きなトラに急接近できる機会を、ぜひ体験してみてください。(料金は1000円)   大蛇のマフラー巻はいかが? 続いて、小さなヘビから大型のヘビまで、様々なヘビに触れ合うこともできます。その中でも特にオススメしたいのが、大型のニシキヘビ!こちらでは、ニシキヘビへのエサやりも体験できます。獲物を締め付けながら食べる姿を生々しく拝見することが出来るでしょう。(料金は1000円、1名限定)そして、運が良ければ大蛇を持ったお兄さんが登場し、マフラー巻体験を無料で行うことが出来ます。実はわたくしユメ子もヘビは苦手中の苦手です。(小さい頃、林の中で急にヘビが飛び出してきたことがトラウマで、それ以来くねくね動くもの全般が苦手でした…)しかし、不思議とこの園内にいるときは気持ちも大きくなり、この大蛇を肩にのせて巻くことが出来ました!感触は…意外と気持ちいい。笑 あとから写真を見返すとすごい体験したなあと思いますが、一生忘れないであろうよき思い出になりました!ヘビが好きな方も苦手な方も、思い出にいかがでしょうか?   可愛い赤ちゃんに癒されよう! こちらでは、猛獣やヘビなど、デンジャラスな動物だけではなく、キツネ、フクロウ、サル、カンガルー、カメ、トカゲ、ウサギなどなど、様々な動物も存在します。そしてタイミングが合えば、もちろん生まれたての赤ちゃんにも触れ合うことが出来ます。時期によって、どの動物の赤ちゃんと触れ合えるかは変わってきますが、大人になった動物とはまた違う愛らしい姿やたどたどしい仕草に思わずきゅんきゅんしてしまいます。なかなか見る機会のないそんな赤ちゃん動物と触れ合ったり写真を撮ったりしてみてはいかがでしょうか。   キリンの顔を間近で見てみよう! そして、普通の動物園では遠目でしか見ることの出来ないキリンもこちらでは近くで見ることが出来ます。キリンの舎の傍に見物台みたいな通路があり、そこに上ることで、キリンの顔をほぼほぼ同じ高さで眺めることができます。わたしも、初めて近くで顔を見て、「あれ、こんな顔の形してたんだ~」とか「瞳がきれい!」などと新発見が多くありました。また、キリンへのエサやりができる体験もあるようです。(料金は小300円、大500円)キリンを近くで見たことない方、ここではもしかしたらキリンと間近で見つめあうことも出来るかもしれません…。     まとめ いかがだったでしょうか?今回は札幌市にある体験型動物園の「ノースサファリサッポロ」をご紹介しました!まだまだご紹介しきれない部分がたくさんあり、今回オススメしたのはごく一部にすぎません。ただ一つ言えるのは、家族旅行にせよ、デートにせよ、友達との旅行にせよ、普通では体験できないデンジャラスな体験ができ、退屈することなく本当に心から楽しむことが出来るスポットです。北海道に行った際はぜひ、足を運んでみてくださいね!   こちらの記事もどうぞ♪ No related posts.