ユメサーチ ~Yume Search~

気になるニュースやお役立ち情報をご紹介します♪

国内 旅行

【広島】女子旅!広島2泊3日おすすめモデルコースと見どころを紹介!

投稿日:

スポンサーリンク

Yumeco
Yumeco
こんにちは!ユメ子です。
お越しいただきありがとうございます。

広島女子旅に行こう!」なんて思っているあなたに、今回は女子旅ったりな広島おすすめモデルコースと、その見どころを一挙紹介いたします!

広島の魅力とは?

広島県は中国・四国地方で最大の都市であり、海と山に囲まて「日本国の縮図」と言われている自然豊かな地域です。そして市内に6つの美しい川が流れていることから、「水の都」とも呼ばれています。また、廿日市市には日本三景の島宮島があり、こちらにある厳島神社は広島の代表的観光地として知られています。さらに、広島県は昭和20年に史上初めて原子爆弾を投下され、多くの人々が犠牲となった場所でもあり、あの悲惨な状況から多大なる復興を遂げた広島は、人類の恒久平和を希求してきました。ユネスコ世界遺産リストには、この日本三景「宮島」と、負の遺産である「原爆ドーム」の2つが登録されており、国際的にも知名度の高い県となっているのです。

スポンサーリンク

おすすめモデルコース

1日目

①広島駅に着いたらまずはお好み焼き腹ごしらえ

②フェリーに乗って宮島

2日目

レンタカーを借りよう!

尾道の猫に会いに行こう

④夢のようなうさぎの島で癒されよう

3日目

⑤広島藩の拠点、広島城を見に行こう

⑥帰る前に世界遺産、原爆ドーム

 

おすすめスポットと見どころ

一度は行きたい厳島神社

広島に行ったからには、一度は立ち寄っておきたい場所が、厳島神社です。厳島神社は「安芸の宮島」とも呼ばれ、日本三景の一つであるほか、世界遺産にも登録されています。瀬戸内海に浮かんでいるかのような寝殿造りの名社で、朱色の鳥居はひときわ目を引き、神秘的な風景美を味わうことができます。

また、島には鹿が多く、いたるところで鹿にでくわすことになるかと思いますが、注意が必要なのが、奈良の鹿とは異なり、エサやりが禁止されています。ついついかわいい鹿に何か与えたくはなりますが、エサを与えることで罰則を受けることもあるようなので、十分に気を付けたほうがよさそうです。そうは言えども、平安時代の趣ある寝殿、そして周りで暮らす鹿を見ていると、神秘的で荘厳な雰囲気の中で暮らす平安時代の風景が思い浮かんできて、非日常的な空間を楽しむことができます。そんな空間でぜひ、まったりとしてみてはいかがでしょうか?

尾道では猫の細道へ

尾道と言えば猫の細道が有名で、約200mあるこの細道は、天寧寺の三重塔から艮神社(うしとらじんじゃ)へと続いています。

ここには多くの猫が住んでおり、階段を登っているとあらゆる隙間から、かわいい猫ちゃんが顔を出してきますよ!また、道の至る所に作家・園山春二氏の作品の猫の石や猫をモチーフとしたアートがあり、猫好きファンには見逃せません。さらに、周辺には空き家を利用したおしゃれカフェや、美術館、工房などがあり、女性の心をくすぐるスポットも目白押しです!

うさぎ島(大久野島)で癒されよう

広島県竹原市にある大久野島には約700匹以上のうさぎが生息していることから、「うさぎ島」と呼ばれています。島には、竹原市にある港からフェリーを利用し渡ってくるのですが、島に上陸するやいなや、すぐにうさぎに出会うことができます。エサは海を渡る前に販売されており、キャベツや人参などを与えることもでき、うさぎと触れ合えるチャンスでもあります!

また、当然、うさぎを追いかけたり、無理やり抱っこしたりしないよう注意が必要ですが、人間慣れしたフレンドリーなうさぎも多く、じっとしていると逆にうさぎから寄ってくることがあります。(エサやりの時にハーレム状態になり、何匹かはカバンの中を探ろうとしてました。笑)うさぎを至近距離で見る機会もなかなかないと思うので、ぜひこの機会にうさぎ島に行き、ピーターラビットのように可愛いもふもふうさぎに癒されてきてください!

広島城を見に行こう

広島城は、1589年に豊臣秀吉の五大老の一人として知られる毛利輝元によって築城され、約250年にわたる浅野氏の統治により広島は発展し、西日本最大の都市として栄えてきました。天守閣は1931年に国宝に指定されましたが、原爆によって倒壊し、1958年に広島復興のシンボルとして外観が復元され、現在では立派なお城の姿が再現されました。1989年には築城400年を迎えたことをふまえ内部改装を行ない、天守閣内部は歴史博物館となっています。広島城の構造や城下町広島のくらし・文化などが資料や模型、映像などで展示されています。このように様々な歴史とともに歩んできたお城を眺めながら、辺りを散策してみるのもいいですね!

世界遺産、原爆ドームへ

核兵器の惨禍を伝える建築物である原爆ドーム1996年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。原爆投下時、爆風の圧力は1㎡あたり35t、風速は440mという想像もできないほどの力で、建物は大破し全焼しました。核兵器の廃絶と平和の大切さを世界へ訴えるシンボルとして、今なお、当時の姿が残されています。

また、原爆ドームの前には世界の恒久平和を願い作られた平和記念公園があります。願いを込めて鳴らされる平和の鐘の音は、環境省が選んだ、残したい日本の音風景100選にも選ばれています。帰途につく前に、原爆ドームに立ち寄って、改めて平和について考えてみるのも大事なことかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

広島のおすすめグルメ

広島風お好み焼き

広島に行って1度は食べたいのが、お好み焼き!薄いクレープ状に焼いた生地の上にキャベツなどの具材を乗せて焼くのが、広島のお好み焼きの特徴です。どこのお好み焼き屋さんに行こうと悩みたくなりますが、広島駅南口から徒歩3分のところにある「駅前ひろば」では、お好み焼き店が屋台村のようにワンフロアに集結しているので、隣り合っているお店の中から好きなところを選べるほか、お好み焼き屋をはしごすることもできます。また、駅ビルにも何件かお店が入っているので、「あっちもこっちも行きたいし時間ないけど食べたい~!」なんて方も(女子あるある)、ご都合に合わせて、定番広島風お好み焼きをぜひ味わってみてください!

瀬戸内海の牡蠣

宮島と言えば、牡蠣が有名な場所でもあります。こちらで採れる牡蠣は、国内の牡蠣養殖産業の約6割を占めるほどで、宮島の長い歴史の中で育まれてきた産業でもあります。宮島には何件もの牡蠣料理屋さんがありますが、やはり一番食べていただきたいのが焼き牡蠣です!実はわたし、ここに行くまで牡蠣がどうしても苦手で、何度挑戦しても、克服することはできませんでした…。しかし、せっかく宮島に来たんだから!ということで、店頭で焼いてもらったぷくぷく大きな牡蠣をいただくことに。レモン汁を少し垂らし、まるまる口にほおばり、はふはふしながら食べてみると、もう、なんじゃこりゃ~状態です。肉厚で柔らかくかつ濃厚で、今まで苦手としていたものは何だったんだろうと思うくらいの絶品だったので、思わずもう1つ頼んでしまいました。それくらい、他とは比べ物にならないほどの牡蠣を、ぜひこの土地で味わってみてください!

尾道ラーメン

尾道に行ったら是非食べていただきたいのが、尾道ラーメンです。一般的には豚の背脂を浮かせた醤油ベースのスープと平打ち麺を主としていますが、尾道にはいたるところにラーメン屋があるので、店によってそれぞれの面の太さやスープの濃さに特徴があります。尾道ラーメンで有名な朱華園さんのラーメンは、まさに尾道ラーメンの王道で、ストレート平打ち麺が濃いめのスープに絡んで濃厚なうまみとコクを口いっぱいに味わうことができます!尾道に来た際は、至福の一杯を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は女子旅におすすめの2泊3日モデルコースをご紹介しました!広島は観光スポットも多く、グルメも豊富で旅行にはぜひオススメしたい県でもあります。特に、世界遺産に登録されている宮島と原爆ドームは、一度は訪れておきたい場所でしょう。また、うさぎのいる島や猫がいる細道など、可愛い動物にほっと癒されるスポットも目白押しです!1記事のみではご紹介しきれない部分もたくさんあるため、また詳しく解説していければと思っています。

Yumeco
Yumeco
もう一度焼き牡蠣食べに行きたいな~

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-国内, 旅行
-, , , , , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

【チェコ】世界一美しい町チェスキー・クルムロフ観光の魅力に迫る!

Yumecoこんにちは!ユメ子です。 お越しいただきありがとうございます! 「風景が素敵なところに旅行に行きたいな~」「プラハに行くけど他に観光できるところないかな?」「おとぎ話に出てくるようなところに行きたい!」なんて思っているあなたにぜひ! 今回は、チェコにある町、チェスキー・クルムロフをご紹介します! → プラハを観光される方はこちらもどうぞ!   目次1 チェスキー・クルムロフはどんなところ?2 チェスキー・クルムロフの魅力2.1 町並みが素敵2.2 だまし絵の町?2.3 1日あればぐるっと観光できる3 おさえておくべきおすすめスポット3.1 チェスキー・クルムロフ城3.2 聖ヴィート教会3.3 スヴォルノステイ広場4 絶景を眺められるビューポイントはここ!4.1 町全体を見渡せるのはここ!4.2 夜景も美しいのはここ!5 プラハからのアクセス方法5.1 バスで行く場合5.2 電車で行く場合6 まとめ チェスキー・クルムロフはどんなところ? チェスキー・クルムロフはチェコ南ボヘミア州の小さな町です。チェコの首都プラハ同様、町並み全体が「チェスキー・クルムロフ歴史地区」として世界遺産に登録されており、「世界で最も美しい町」とも言われています。中心にはヴルダヴァ川が流れ、ルネッサンス時代の面影を残す町並みからは、どこか不思議の国にきたような、もしくは中世の時代にタイムスリップしたような、言葉にできない美しさが漂います。プラハから長距離移動のバスに乗り3時間ほどで行き来でき、日帰り観光も可能であるため、とても人気の高い観光地です。   チェスキー・クルムロフの魅力 町並みが素敵 町は、白い石畳にオレンジ屋根の建物が肩を並べるように建ち並び、さらに町の中心を流れるヴルダヴァ川に周りを取り巻く緑色の木々など、どこを見ても絵になるようなメルヘンチックな色合いの風景が町一番の魅力です。町全体が歴史地区として世界遺産登録されているだけあって、ルネサンス様式の建物が数多く残され、その町並みを一望できるビューポイントも点在しています。 だまし絵の町? 素敵な建物が建ち並ぶこの町、しかしよくよく見るとどこか違和感を感じることがあるでしょう。そう、実は「だまし絵」なんです。チェスキー・クルムロフは「だまし絵」の町としても有名で、特にお城のだまし絵は必見です!壁の模様をよく見るとレンガの壁ではなく、だまし絵であることが分かります。理由としては、当時かなりの財政難だったにもかかわらず、ヨーロッパで流行していたおしゃれな装飾にしたい!という思いから、スグラヴィータという立体的に見せる装飾様式(だまし絵)で壁面を施したそうな…。しかし今となっては町の魅力の一つとなっています。 1日あればぐるっと観光できる チェスキー・クルムロフは小さな町であるため、半日あれば主要観光地、1日あればぐるっと町全体一周を観光することができます。ただ、夜間しか見ることのできない風景もとても美しく、ぜひ目に焼き付けていただきたいので、時間に余裕がある場合は、1泊することをおすすめします。小さな町とはいえ、周辺にはもちろんホテルも点在しており、内装も中世のお屋敷のような古くも立派なところが多いかと思います。日帰り、宿泊のいずれにせよ、美しさがぎゅっと凝縮された町、足を運んでよかったと十分に心を満たすことができるでしょう。   おさえておくべきおすすめスポット チェスキー・クルムロフ城 チェスキー・クルムロフ城は13世紀頃からクルムロフの貴族によって建てられたお城で、小さな町に大きくそびえ、チェスキー・クルムロフの歴史を象徴しています。城全体は約7ヘクタールの面積があり、庭園や宮殿、広間、劇場からなる複合施設となっています。ゴシック、バロック、ルネサンス各様式の建築が融合されており、その力強い景観美に圧倒されることでしょう。塔の展望台と内部の博物館の入場には入場料が必要となりますが、敷地内だけであれば無料で入園が可能です。 聖ヴィート教会 聖ヴィート教会はヴルタヴァ川沿いにあり、14世紀頃に建てられた教会です。異なる建築様式を用いて建てられ、内部には彫刻や聖人の肖像など、様々な芸術作品も存在しています。スヴォルノステイ広場から歩いてすぐのところに位置しており、入場も無料であるため、ぜひ美しい建物や内装、芸術作品を眺めに、訪れてみてはいかがでしょうか。 スヴォルノステイ広場 スヴォルノステイ広場はチェスキー・クルムロフ旧市街の中心に位置する石畳の広場で、パステルカラーの美しい建物に囲まれ、市庁舎や観光案内所、レストランなどもあります。広場の中心にはペスト終焉の記念塔があり、塔の頂上にはマリア像が建てられています。昼間は観光客であふれていますが、早朝に行くと人数は少なく、より一層可愛らしい風景が引き立つでしょう。また、夜はライトアップもなされ、日中とは違った美しさに魅了されますよ!   絶景を眺められるビューポイントはここ! 町全体を見渡せるのはここ! スヴォルノステイ広場から東に細い道を進むとイエズス会寄宿舎が右手にあり、道路挟んで左手に、町全体を見渡せる絶景ポイントがあります。ここからはチェスキー・クルムロフ城も眺めることができるため、特に晴れた日には、周辺のオレンジ屋根の建物の中にそびえたつお城が一望できます。個人的には各ビューポイントの中でも、ここが一押しビューポイントです! 夜景も美しいのはここ! 第1・第2の中庭を通り過ぎ、さらにチェスキー・クルムロフ城を抜け橋を渡ると、こちらにもおすすめビューポイントがあります。日中の眺めもさぞかし、ここから見る夜景が本当に美しいです。独特のオレンジ色の照明が点在し、歴史ある町の建物を照らし始めると、町の美しさがより引き立ち、ロマンティックな雰囲気までもかもしだしています。 また、途中通り過ぎた中庭でもライトアップがなされているので、濃紺の空とオレンジに染まった建物が相まって、息をのむほど素晴らしい空間に導かれるでしょう。   プラハからのアクセス方法 バスで行く場合 ・プラハ 長距離移動バス → チェスキークルムロフ  約3時間(トラムNa Knížeci停留所前のバスターミナル1番乗り場) 電車で行く場合 ・プラハ →(チェスケー・ブディェヨヴィツェで乗り換えの場合もある)→ チェスキークルムロフ 約3時間~4時間   まとめ いかがでしたでしょうか?今回は、チェコ南ボヘミア州にある町、チェスキー・クルムロフをご紹介しました。チェスキー・クルムロフは中世の歴史を感じられる建物が建ち並び、かつ白い石畳とオレンジ屋根の可愛らしいお家が相まって、町全体がおとぎ話の中のような、不思議の国のような、本当に素敵な場所です。チェコの首都プラハからは日帰りでも観光できるので、チェコに行った際はぜひチェスキークルムロフにも立ち寄ってほしいですね! Yumecoチェスキー・クルムロフでも「ドブリーデン♪」(こんにちは)をお忘れなく! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 こちらの記事もどうぞ♪ 【広島】女子旅!広島2泊3日おすすめモデルコースと見どころを紹介!