ユメサーチ ~Yume Search~

気になるニュースやお役立ち情報をご紹介します♪

天気

台風3号2023進路予想は?米軍・気象庁情報から沖縄・関東への影響は?

投稿日:2023年6月6日 更新日:

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

 

台風3号(グチョル)が発生し、2023年6月7日時点で徐々に規模も拡大しつつありますね。

最新進路予想や米軍・ヨーロッパの台風情報、そして沖縄など日本列島への影響がどうなるか知っておきたいところ。

この記事では、台風3号2023の最新進路予想、米軍・ヨーロッパの台風情報、さらには沖縄などへの影響についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

台風3号2023最新進路予想(気象庁)は?

台風3号2023の最新進路予想(6月6日18時時点)について、気象庁が発表している情報は以下のとおりです。

引用:気象庁

もともとフィリピンの東にあった熱帯低気圧が6月7日の正午までに台風へと発達します。

その後はさらに勢力を拡大しながら北西に進み、少しずつ北に進路を変えながら進む予想です。

 

また気象庁によれば、6日の21時時点で、中心気圧が1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル、中心から400㎞前後は風速15メートル以上の強風域となっています。

さらに今後の予想として、6月9日15時時点の予報では、中心気圧が970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速が35メートル、最大瞬間風速が50メートル、暴風警戒域が430㎞にも及ぶとされ、台風の急な発達により、さらなる警戒が必要となってきます。

\ 停電時の対策に蓄電池がオススメ! /

台風3号2023米軍(JTWC)の進路予想は?

台風3号2023の米軍合同台風警報センター(JTWC)進路予想についてまとめました。

こちらの台風情報について、アメリカの軍事用に使用される情報で、引用元では時刻表記が協定世界時(UTC)になっているので、日本時間(JST)については、協定世界時間+9時間で計算してみてください!

6日時点の情報です。

引用:JTWC

6日の18時頃の時点で日本の南の海上に白い渦(台風)が発生していることが分かります。

※現時点ではまだ熱帯低気圧ですが7日正午までに台風へと発達見込みです。

(最新追記)

8日時点の最新情報です。

進路予想が確定し、11日頃から13日頃にかけて日本に接近してくることが分かります。

 

TY・・・Tyhooon(台風)

⇒ 最大風速64ノット(33m/s)以上

STS・・・Severe Tropical Storm(台風)

⇒ 最大風速48ノット(25m/s)以上64ノット(33m/s)未満

TS・・・Tropical Storm(台風)

⇒ 最大風速34ノット(17m/s)以上48ノット(25m/s)未満

TD・・・Tropical Depression(熱帯低気圧)

を意味しています。

 

スポンサーリンク

台風3号2023沖縄・関東(日本列島)への影響は?

台風3号はこのあとゆっくり北上しながら、だいたい11日頃に沖縄に接近してくる恐れがあります。

さらにその後の進路は現時点で定まっておりませんが、その後日本列島でも大雨などの注意が必要となります。

沖縄・関東への影響予報が出てきましたら改めて更新します。

(最新追記)

日本へは来週前半(11日~13日)頃にかけて接近する予想ですが、9日までに暴風域を伴う台風に発達してくるため、注意が必要です。

また、台風の接近に伴い、梅雨前線が刺激され、来週にはまた西日本から東日本にかけて大雨となる可能性もあるため、土砂崩れや洪水、浸水にも今後改めて警戒する必要があります。

\ 停電時の対策に蓄電池がオススメ!補助金活用でお得に導入 /

 

台風3号2023ヨーロッパ(ECMWF)の進路予想は?

台風3号2023のヨーロッパ(ECMWF)進路予想をまとめました。

まず6日時点です。

引用:ECMWF

フィリピンの東の海上に黄色と緑で構成される塊がありますが、こちらが台風のたまご(熱帯低気圧)です。

続いて7日の進路予想です。

引用:ECMWF

完全に丸い渦になり台風に発達してくることが分かります。

さらに8日時点の予想進路です。

引用:ECMWF

台風中心の緑の部分がさらに濃くなり規模を拡大しながら北上していることが分かります。

(最新追記)

8日時点の最新情報です。

ほぼ予想通り中心の緑の部分が濃くなり、勢力を拡大していることが分かります。

 

台風3号2023特務機関NERVの進路情報は?

台風3号2023特務機関NERVの進路情報については、以下のとおりとなります。

NERVは地震・津波・噴火・特別警報の速報や洪水や土砂災害といった防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づき最適化して配信するスマートフォン用サービスであり、Twitter上でもこのように発表してくれているため、定期的に確認することをオススメします。

 

台風3号2023windyの進路情報は?

台風3号2023についてwindyの進路情報は以下のとおりです。

フィリピン東の海上で、渦を巻いている部分がありますね。

こちらが今回の台風3号である『グチョル』になります。

中心部分が赤色に変化しており、さらに台風の規模が拡大しているということになります。

 

台風3号2023ウェザーニュースの最新情報は?

台風3号2023に関する情報について、ウェザーニュースでは6日時点においては、北上しながら規模を拡大して、暴風域を伴う台風に発達する見込みとして注意が必要としています。

また、11日以降日本に接近する見込みでもあり、日本の南側を通過していく可能性もあるとのことで、日本への影響も懸念しています。

現時点では進路を特定することが難しいため、また新たな情報が入り次第更新します。

(最新追記)

来週は進路を北東に変更しながら週の前半にかけて、日本列島の南を通過していく予想です。

特に13日(火)3時頃、関東付近に接近してくる見込みです。

 

台風3号2023いつ消滅する?

台風3号2023がいつ消滅するかについて、現時点で明らかな情報はありません。

今後規模を拡大し、11日以降日本に接近するということで、今週中に消滅することはなさそうです。

しかし台風の寿命は、発生から低気圧に変わるまででの期間が5日程度とも言われています。

台風は北上に伴って中心付近の風速が徐々に弱まっていく傾向もある一方で、強風域が広がることもあります。

ただ、日本は海面水温が熱帯地域より低いため海の水蒸気が少なくなり、台風が日本に近づいてくると、その後熱帯低気圧や温帯低気圧に変化する傾向もあります。

台風2号の時も日本を通り過ぎる際に温帯低気圧に変わりましたよね。

台風3号も日本列島に接近する前に勢力が弱まることを願いたいです。

参考にこちらの記事もどうぞ↓

台風2号2023最新進路予想は?米軍ヨーロッパ情報と沖縄への影響は?

 

まとめ

今回は台風3号2023の最新進路予想について、米軍・気象庁情報、そして沖縄や関東など、日本列島への影響もまとめてみました。

6日時点では、フィリピンの海上に熱帯低気圧が発達し、7日正午までに台風へと変わる見込みとされています。

現時点ではまだ今後の明確な進路は分からないため、また情報が入り次第更新していきます。

\ 停電時の対策に蓄電池がオススメ!補助金活用でお得に導入 /

スポンサーリンク

-天気
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

台風7号2023米軍最新進路予想は?関東や東北・北海道に影響はある?

  台風7号2023のたまごが発生し8日にも台風へと発達する見込みとされていますね。お盆も近くなり台風7号2023の米軍最新進路予想や関東、東北・北海道への影響も早めに知っておきたいもの。 …

台風8号2020の進路状況やヨーロッパ予想は?発生場所や最新情報も!

  台風8号が2020年8月22日に発生したところですが、今後の進路状況や、米軍・ヨーロッパ予報など詳しく知りたい方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、台風8号について、進路状況・予報 …

台風2号2023最新進路予想は?米軍ヨーロッパ情報と沖縄への影響は?

  台風2号(マーワー)が発生し、2023年5月22日現在も強い台風に発達していますね。 最新進路予想や米軍・ヨーロッパの台風情報、そして沖縄など日本列島への影響がどうなるか知っておきたいと …

台風10号2020の関西や関東への最接近はいつ?windy・米軍進路予想は?

  台風10号が2020年9月1日に発生し日本に接近しつつありますが、関西(大阪)や関東(東京)への最接近やwindyや・米軍の進路予想など、詳しく知りたい方も多いのではないでしょうか?そこ …

台風14号2020アメリカ軍(米軍)進路予想は?大阪・関東への影響は?

  台風14号が2020年10月5日に発生し、関西(大阪)や関東(東京)への接近しつつあり、アメリカ軍(米軍)の進路予想や大阪(関西)、関東への影響など、詳しく知りたい方も多いのではないでし …